変形性頚椎症

このような方に向いています

 変形性頚椎症を年のせいにされ、リハビリと言えば電気を当てたりマッサージだけで改善が見られない。

 なるべく手術よりは保存療法での改善をこころみたい。

 首や肩、腕にしびれがある。

 【変形性頚椎症とは?】

 頚椎は7個の骨からできています。骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの働きをする構造物があります。年齢とともにクッションの水分の減少や頚椎という骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれる変形(骨が突出した状態)が起こり、これが原因で肩こりや背中の痛みを出してきます。頚椎の動きによって、また同じ姿勢で長時間いると痛みが出てきます。

 

 【変形性頚椎症に隠れている疾患】

 変形により脊髄(せきずい)が圧迫されると頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)、神経根が圧迫されると頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)と呼ばれ、変形性頚椎症とは区別されます。

 痛みが強い場合や、しびれがある場合はMRIをかけ原因をはっきりさせておくことが大切です。

 【治療に関して】

 日常生活に支障がなければ保存療法で痛みのコントロールを図ります。一度起こってしまった変形自体は治りません。いかに痛みが出ないようにしていくかが大切です。

 【当院から】

 弊所は超音波エコーでの観察を行っていますが、脊椎の変形や変形による脊髄への圧迫、神経根への圧迫まではエコーで観察することはできません。必要に応じて医療機関への受診を勧めさせていただく場合がございます。

 【当院での治療の流れ】

 ① 西洋医学、東洋医学の観点から問診を行います。

 ② 以下のような徒手検査をいくつか行います。

 ジャクソンテスト

 

 

 スパーリングテスト

 

 

 どちらも神経根(頚椎からの神経の出口、通り道)での圧迫を疑う際の判断材料です。

 ③ 治療法を選択していただきます。

  【健康保険についての説明】

 整形外科などでは疼痛が強い場合は、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの内服治療や、温熱療法などの理学療法と呼ばれる治療を行います。当院でも手技療法はご用意しておりますが、整骨院では保険が扱える疾患が限られておりますのでこの疾患での保険の適応はございません。保険の範囲でリハビリを希望される方は弊所に来ていただいてもご希望に添えないので整形外科等の医療機関を受診してください。

 当院では“変形性頚椎症”様の症状に対しては主に鍼灸での施術を提案させて頂きます。  

 理由は 

  1. 薬に比べ副作用がなく、自然治癒力を高めてくれます。 
  2. 鍼灸そのものが痛みのコントロールに非常に優れています。
  3. 保険内でリハビリを行う場合、回転率が重視になります。

※ 悪い場所に直接アプローチできますので、速効性が期待できます。回転率が重視されるとリハビリの質は落ちやすくなります。

 <治療期間>

 軽症  3回~5回で月1回のメンテナンスへ

 中程度 5回~8回で月1回のメンテナンスへ

 重症  10回~15回で月1回のメンテナンスへ

銀鍼の提案

 弊所では銀鍼を取り扱います。銀は体になじむため通常の鍼よりもさらに高い効果が期待できます。昔の文献などから慢性病に効果が高いことについても記載があります。そのような理由から通院期間と通院回数の短縮をすることができます。鍼灸整骨院では材料のコスト面や操作性の難しさから銀鍼を扱うところは稀ですが、“質の良いものは良い”ですし、辛い状態から“1日でも早く良くなってほしい”という思いからこちらの治療を設けております。

 メールでのお問い合わせはこちらから。問い合わせのみもOKです。

 吉岡鍼灸整骨院 JR「鳳駅」より徒歩8分

 TEL:072-360-4399072-360-4399